TOP >> 本ズワイの【本】とは?

本ズワイの【本】ってなに?紅ズワイとはどう違うの?

よくカニのことを「本ずわいがに」とか「本タラバガニ」などと呼ぶことがあります。タラバガニについては、このように呼ばれるのには「アブラガニ」の存在があるからです。アブラガニは見た目がタラバガニと非常に似ており、ゆででしまうとその見分けは難しくなる程です。以前には、これを利用して悪徳業者がアブラガニをタラバガニと偽って販売したこともありました。こうしたことから、「本タラバガニ」という呼び名が生れました。

 

一方「本ずわいがに」においては、種類の違いを区別するためにこのように呼んでいます。本ずわいがにと区別されるのが、「紅ズワイガニ」です。紅ズワイガニはその名の通り、体が綺麗な紅色をしています。しかしその味は、身が硬めでその身には甘味があまり感じられず味が劣ります。それに対して本ずわいがには、身が柔らかくふわふわとしており、甘味も強く感じることができます。こうした違いを区別するためにこのように呼ばれています。

 

初心者でも分かる見分け方として、本タラバとアブラガニの見分け方は、甲羅にトゲが4個あるのがアブラガニで、6個あるのが本タラバガニです。一方、本ズワイと紅ズワイの見分け方は、その金額を見れば一目瞭然です。それは、本ズワイが相場では1匹1万円程に対して、紅ズワイはその10分の1の金額であるからです。また、見た目では茶色に近いのが本ズワイで、生の状態でも赤いのが紅ズワイです。