TOP >> 毛蟹の旬の時期、漁場は?

毛蟹の旬をしって、美味しい毛蟹を購入しましょう。

毛蟹は甲羅の表面に短い毛が生えているカニになります。カニは冬にとれることが有名ですが、毛蟹は冬だけが旬ではないという特徴があります。毛蟹の旬の時期は、1年中が旬ということになります。毛蟹の漁場は、北海道になり大きく分けて4か所になります。稚内・雄武・網走・斜里のオホーツク産・釧路・厚岸・白糠などの道東産・日高沖でとれる日高産・虎杖浜でとれる噴火湾産が毛蟹の漁場になります。各産地の毛蟹がとれる旬の時期は、オホーツク産は3月から6月になります。道東産は9月から10月・日高産は11月から2月・噴火湾産は7月から8月になります。1年を通して毛蟹がとれているので、いつでも新鮮なカニを食べることができます。毛蟹には種類があり、堅ガニと若ガニと呼ばれるものがあります。毛蟹は脱皮を繰り返すのですが堅ガニは脱皮前のカニのことを指して、脱皮後の状態のカニを若ガニといいいます。堅ガニは身やミソがしっかりつまっています。若ガニは堅ガニに比べて身が少ないですが甘みがあっておいしいです。あまり大きくなると味が落ちるといわれているので、購入するときは300gぐらいのものを選んで、旬の時期をしっかり見分けるとおいしいカニを食べることができます。